株式会社浦野設計 URANO ARCHITECTS&ENGINEERS
 ホーム  ご挨拶  会社概要  主要作品  募集  お問合せ

トップ主要作品一般・その他興国寺 大光院
 興国寺 大光院
所在地  名古屋市中区
構造規模 RC造 4F
延床面積 1,174u
竣  工  2003年
 興国山大光院は、1603年(慶長8年)に松平忠吉(徳川家康の第四子)が清州に興国山清善寺として建立された曹洞宗の寺院で、1607年(慶長12年)に忠吉逝去の年に戒名の院号から大光院と改め、1610年(慶長15年)に清州越えにより現在地へ移転されました。
 この施設は、1階に本堂・観音堂・明王殿、2階に書院があり、北側の4階建ての庫裡との複合施設となっています。




▲このページのトップへ