株式会社浦野設計 URANO ARCHITECTS&ENGINEERS
 ホーム  ご挨拶  会社概要  主要作品  募集  お問合せ

トップ主要作品庁舎鈴鹿市消防庁舎
 鈴鹿市消防庁舎

所在地  三重県鈴鹿市
構造規模 RC造4階建て、一部S造2階建て
延床面積 5,721u
竣  工  2012年
 本施設は、災害時に市民を助ける活動拠点としての機能を最大限に発揮できるように、「シンプルで機能を重視した施設」を目指して計画されています。 
 本部庁舎と車庫はエキスパンションジョイントにより別棟で構成し、緊急車両のスムーズな動線を確保するために、車庫棟は道路側に配置しています。本部庁舎は、積層ゴム+すべり支承によるハイブリッド免震構造を採用し、災害時における消防機能を確保すると共に、太陽光発電、雨水利用を採用する等、環境にも配慮しています。
 外観デザインは、鈴鹿市の伝統工芸である伊勢型紙の色彩を一部採り入れており、市民にとって親しみやすい庁舎としています。
 非常時に備える消防士の活動が市民にいつも見えて、日常的に安心・安全が感じられる開かれた施設です。
1階ホール
車庫棟内部



▲このページのトップへ